• ホーム  ≫  
  • リアルタイム微生物検出器 BioLaz

リアルタイム微生物検出器 BioLaz

  • 医薬品の検査向け製品
非培養でリアルタイムに微生物を検出
BioLazは無菌製剤の製造環境中に浮遊している微生物をリアルタイムに検出します。

センサーは専用ソフトウェアに接続でき、連続操作も無人で作動できるよう設計されています。

また、USP・EPにバリデートされています。
リアルタイム微生物検出器 BioLaz

お問い合わせはこちら

特徴
◎非培養法
・リアルタイムに微生物を検出
・計測エリアにサンプリングプローブを設置、空気を吸引、レーザーを照射
◎内部蛍光検出法
・微生物にレーザーを照射した時に発する蛍光を検知することで、非生物粒子か微生物かを識別し計数
(微生物が持つ代謝物質は、特定の波長光源に対し励起され蛍光を発する)
・蛍光した粒子一つを「1バイオカウント」と定義し計数
◎連続計測
・継続的に工程を確認することにより、汚染製品がリリースされるリスクを低減
・微生物検出のタイミングを知ることで、処置すべき製品との区別が可能
◎タスクを低減
・計測に前処理(試薬、サンプリング作業)、後処理(培養作業)は不要
・特別なトレーニングは不要
◎米国薬局方 USP・欧州薬局方 EP 5.1.6 に従いバリデート
◎SUS 316Lのコンパクトな筐体
◎4 L/min 内蔵ポンプ HEPAフィルター搭載
仕様
BioLaz 504
最小分解能 1 Bio-Count
最大濃度 25000 Bio-Counts/sec
粒子サイズ範囲 0.5 ~ 50 μm
本体サイズ 25 x 20 x 15 cm(等速吸引プローブは含まず)
重量 6.1 kg
動作温度 0 ~ 35 ℃
流量 3.6 L/min ± 5%
電源 100 VAC, 50/60 Hz
消費電力 15 W
検出器 光電子増倍管(PMT)
レーザー波長 405 nm

※BioLazは、
 スペクトリス株式会社PMS(パーティクルメジャリングシステムズ)事業部の商品です。

ページの先頭へ戻る