シスメックス 再生医療セミナー2019 開催報告

2019.09.18

  • レポート
シスメックス 再生医療セミナー2019を開催いたしました

2019年8月27日(火)に第5回目となる「シスメックス 再生医療セミナー 2019」を開催いたしました。
本セミナーは「今、再生医療等製品の現場が直面している課題」と題して、再生医療関連施設(企業、アカデミア、関連会社)をはじめ、検査センター、製薬企業、その他、再生医療に携わる周辺産業の方々に多数ご参加をいただきました。

講演内容

◆講演Ⅰ
 京都大学iPS研究所 出口 収平 先生からは「iPS細胞研究所/細胞調整施設FiTにおけるGMP化推進の取り組み」について講演をいただきました。
ご講演では細胞調整施設FiTのGMP準拠に向けて、設備や運用ルールだけに留まらず人材育成にも渡る取り組みをご紹介いただきました。GMP準拠した新たな細胞調整施設の立ち上げた実例は大変参考となる講演となりました。

◆講演Ⅱ
 大阪大学大学院医学系研究科 嶽北 和宏 先生からは「再生医療等製品の製造管理/品質管理及び製法変更の考え方」について講演をいただきました。
ご講演の中で再生医療等製品の規制について現状の整理と今後の動きについてお話いただきました。さらに製造法が変更された場合にどのような考え方を持って変更前後が同等であるかについては非常にわかりやすい考え方を示された講演となりました。

◆講演Ⅲ
 株式会社日立製作所 大友 純 先生からは「日立製作所のヘルスケアビジネスと再生医療事業へ向けた取り組み」について講演をいただきました。
大友先生のご講演では、再生医療事業に向けた全社的な取り組みについてご説明いただき、その中でも自動培養装置は市場での必要性に合わせて産学官の連携により開発されたお話をされ、メーカーならではのご講演となりました。

◆講演Ⅳ
 株式会社グローバルインフォメーション 沖本 真也 先生からは「再生医療市場~グローバルトレンドと将来予測について~」について講演をいただきました。
投資性、コストや国ごとの特性など様々な要素からグローバルでの再生医療市場についてご講演いただきました。グローバルにおいて再生医療という市場がどのような状況にあるのか、様々な資料やデータをもとに解説いただきました。

講演者と参加者との意見交換会

 意見交換会は参加者から事前にいただいたご質問に対して先生方にお答えいただきました。
試薬のGMP管理から臨床の事前相談に至るまで様々な質問があり多岐にわたる意見交換会となりました。

会場の様子


講演の様子                           意見交換会


展示の様子

 本セミナーでは実際に再生医療に関して、最前線で活躍されている先生方から実例や経験をもとに、レギュレーションでは理解しがたい内容をご講演いただきました。新しい産業である再生医療を理解するための一助となることができれば幸いです。次回の開催につきましても皆様のご意見を参考に検討をいたしますのでご期待ください。

お問い合わせ

本セミナーの詳細情報をご希望の方は、下記フォームよりお問合せください。

ページの先頭へ戻る